空自、新空中給油機導入の意味 航続距離以外にもあるその目的

オスプレイにも給油できるKC-46A

 KC-46AはKC-767、両機におけるもっとも大きな違いは、その空中給油方式です。どちらも「フライングブーム方式」と呼ばれる給油ブームを機体後尾に備えており、コックピットの後部に設置された空中給油操作ステーションから遠隔操作で戦闘機の受油口へブームを接続します。

 そしてKC-46Aのみ「プローブアンドドローグ方式」に対応しており、フライングブーム方式とは反対に、戦闘機側が給油機の給油口へ接続するためのドローグシステムを、左右翼下の給油ポッドおよび機体後部の合計3か所に備えています。

Large 151114 kc46 02
F-15Jへ空中給油を行うKC-767(写真出典:航空自衛隊)。

 フライングブーム方式はF-15J「イーグル」、F-2A、そして空自が導入予定のF-35A「ライトニングII」といった戦闘機がこれに対応。なおF-4EJ改「ファントムII」は導入当時の政治的な理由から空中給油能力が除外されています。

 プローブアンドドローグ方式は、ヘリコプターのUH-60J「ブラックホーク」と、導入予定のティルトローター機V-22「オスプレイ」が対応しています。

 空自がすでに導入しているKC-767はフライングブーム方式での空中給油しかできないため、現在、これら機種への給油が行えず、別途、プローブアンドドローグ方式にのみ対応したKC-130H「ハーキュリーズ」を使用しなければなりません。

 しかし新たに空自が導入予定のKC-46Aは、両方の方式で空中給油が可能。ただ、KC-767へ新たにプローブアンドドローグ方式への対応能力を追加することも、適切な予算さえあれば容易に行えるでしょう。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. Today, I went to the beachfront with my kids. I found a sea shell and gave it to my 4 year old daughter and said "You can hear the ocean if you put this to your ear." She placed the shell to her ear and screamed. There was a hermit crab inside and it pinched her ear. She never wants to go back! LoL I know this is totally off topic but I had to tell someone!