先着列車を案内するデジタル時刻表 東急が2駅へ国内初導入

東急電鉄が2駅にタッチパネル式のデジタル時刻表を導入。相互直通の他社線も含めた「先着列車案内」機能が最大の特徴です。

他社線や異種別の列車も含む先着案内

 東急電鉄は2015年11月19日(木)、東横線・目黒線の武蔵小杉駅(神奈川県川崎市)と目黒線の武蔵小山駅(東京都品川区)に、タッチパネル式デジタル時刻表を導入すると発表しました。

 このデジタル時刻表は、目的の駅まで最も早く到着する列車を教えてくれる「先着列車案内(乗換検索サービス)」機能を搭載。東急線と相互直通する他社路線も含めて、最短経路の案内が可能です。また各駅停車と急行など、異なる列車種別の乗り換えにも対応するとのこと。「先着列車案内」機能を駅構内で展開するのは、東急電鉄によると国内初といいます。

151120 tokyu 01
デジタル時刻表と先着列車を案内する画面のイメージ(画像出典:東急電鉄)。

 東急電鉄はこのデジタル時刻表の設置理由について、利用者の声に応えるためとしています。近年、東急線では相互直通運転が増加し、列車の行先や種別が多様化。目的駅までの先着列車を案内するサービスについて、利用者のニーズが高まっていました。

 このデジタル時刻表の導入時期は、武蔵小杉駅では11月20日(金)からで、定期券うりば前・南改札・上りホームの3か所に設置。武蔵小山駅では11月27日(金)から、コンコース・上りホームの2か所に設置されます。

 なお東急電鉄によると、タッチパネル式のデジタル時刻表も、首都圏の在来線では初の導入事例。「今後も東急線の駅をご利用されるお客さまに、タッチパネル式モニターなどデジタル機器を含め利用シーンに合わせた情報提供を行い、利便性のさらなる向上を目指します」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. タッチパネルと駅内放送と駅内電光案内での情報を併用してほしい。それとデジタルサイネージで情報発信をしてもらった方が一番分かりやすいです。