ゆふいんの森、珍しく日田彦山線へ 開業100周年ツアー実施 JR九州

人気の高いJR九州の観光列車、その先駆けである特急「ゆふいんの森」車両に乗って、それが普段は走らない日田彦山線を行くツアーが開催されます。

小倉125周年、日田彦山線100周年記念の特別ツアー

 JR九州は2016年1月13日(水)、小倉駅の開業125周年と日田彦山線の開業100周年を記念した特別ツアー「『ゆふいんの森』号の車両で行く日田彦山線の」を実施すると発表しました。

 特急「ゆふいんの森」はJR九州の「D&S列車観光列車)」で、眺望を良くするため床を高くしたハイデッカー構造が特徴。普段は博多~由布院・別府間(久大本線経由)で運転されており、JR九州では「特別な日田彦山線の旅をお楽しみください」としています。

特急「ゆふいんの森」は1989(平成元)年に登場。高い人気を誇るJR九州・観光列車の先駆け(2012年2月、恵 知仁撮影)。

 行程は2016年2月18日(木)の日帰りで、10時頃に小倉駅を出発。普段は「ゆふいんの森」車両が走らない日田彦山線へ入線し、13時05分頃に歓遊舎ひこさん駅へ到着します。そして14時10分頃に同駅を出発し、再び日田彦山線経由で15時30分頃に小倉駅へ到着する予定です。

 また日田彦山線内の石原町、採銅所、田川伊田、池尻の各駅では沿線地域の協力により、「ゆるキャラ」のお出迎えや抽選会、特産品販売などが行われます。

 ツアーは150人が募集され、締め切りは2月4日(木)。旅行代金は大人3900円、小人2900円です。ペットボトルのお茶1本と、「沿線地域自慢のおみやげ」が付きます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント