今春も「ながら」など夜行列車増発 ただ定期運行はわずか2列車に JR

JR旅客各社が今春の臨時列車について発表。いまや大変希少になった夜行列車も増発されます。

3月26日以降、わずか2列車になる夜行列車

 2016年1月22日(金)、JR旅客各社は今春(3月1日~6月30日)の増発列車について発表。現在は数を大幅に減らした夜行列車が複数、臨時運行されます。

160122 nighttrain 01
東京~岡山間で連結して運行される最後の定期夜行列車「サンライズ瀬戸・出雲」(2009年2月、恵 知仁撮影)。

 今年3月に行われるJRグループのダイヤ改正で、定期運行される夜行列車は東京~出雲市間の寝台特急「サンライズ出雲」と、東京~高松間の寝台特急「サンライズ瀬戸」、わずか2列車になる予定です。

 まずこの「サンライズ出雲」について、5月2日と5日に東京発出雲市行きの「サンライズ出雲91号」が、5月1日と4日に出雲市発東京行きの「サンライズ出雲92号」が増発されます。

 また「サンライズ瀬戸」では増発は行われませんが、先述の期間中、金曜・休日前の27日間において、東京発高松行きの列車が金刀比羅宮のJR最寄り駅である琴平駅まで、延長運転を実施する計画です。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 最低