信州産そばの実100%「信州そば茶」をホットでも JR東日本

JR東日本の「信州そば茶」がリニューアルされました。

昨年収穫の信州産そばの実を使用

 JR東日本長野支社とJR東日本ウォータービジネスは2016年1月22日(金)、ホットでも飲める「信州そば茶」を発表。1月26日(火)から販売を開始しました。

「信州そば茶」は、2015年3月に北陸新幹線が金沢まで延伸開業したのを記念して発売された“地産”のペットボトル飲料。今回の新商品はそれを、利用者の声に応えてホットでも飲めるようリニューアルしたもので、2015年に収穫された信州産そばの実、信州産ダッタンそばの実を使用して「ホットでもおいしい味わい」に仕上げたといいます。

ホットで飲めるようリニューアルされた「信州そば茶」(画像出典:JR東日本長野支社)。

 この新しい「信州そば茶」は280ml入りで130円(税込)。信州の豊かな風土から生まれたべ物をアピールする長野県のブランド「おいしい信州ふーど(風土)」のロゴが付けられており、JR東日本のエキナカ飲料自販機「acure(アキュア)」やJR東日本ウォータービジネスの通信販売、中央本線特急列車車内販売(一部)、エキナカ店舗などで販売されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント