首都高新料金「乗り継ぎ」便利に 渋滞回避や休憩、食事に有効 ただ懸念も

2016年4月から導入される、首都圏の高速料金新制度。これにより首都高では、これまで考えられなかったケースが出てきます。いったん降りて再び乗る「乗り継ぎ」が、普通に乗るより安くなる場合があるのです。ただこれが、新たな問題を引き起こすかもしれません。

固定観念を変える必要がある新料金制度

 2016年4月1日(金)から首都圏における高速料金制度が変わり、首都高は10円刻みの300円〜1300円(ETC利用普通車の場合)へ移行。詳細は各メディアが報道するとおりですが、ひとつ見落とされている要素があります。首都高での「乗り継ぎ」が大幅にしやすくなることです。「乗り継ぎ」とは途中、一部区間で一般道に降り、再び首都高に乗るケースを指します。

160327 syutoko 01
距離に応じて下限300円、上限1300円に設定される2016年4月1日からの首都高新料金(画像出典:首都高速道路)。

 これまで首都高の「乗り継ぎ」は、非常にゼイタクな使いかたでした。2011年までの均一料金時代は、いったん降りると2倍の料金がかかりました。まもなく終了する第1次距離別料金でも、500円(消費増税により2014年から510円)から900円(同930円)と料金設定の幅が狭かったため、いったん降りると合計額は必ず高くなりました。

 しかし今回の新料金は、初乗り料金を除くと、ほぼ利用距離に比例します(5km以下および36km以上の利用は例外)。つまり、降りて一般道を走ったぶん、若干安くなるケースが多くなるのです。

 たとえば、3号渋谷線の用賀(世田谷区)から5号池袋線の高島平(板橋区)に向かうとします。通常利用だと料金は1000円(26.3km)ですが、C2中央環状線・山手トンネルの渋滞を避けて初台南(渋谷区)でC2からいったん降り、一般道の山手通りを進行。高松(豊島区)で再びC2に入るとどうでしょう。

用賀〜初台南 460円(9.4km)
高松〜高島平 440円(8.6km)

 合計900円と100円安くなります。「たった100円か」と思うかもしれませんが、首都高で「乗り継ぎ」をして安くなるのは画期的。つまり今後は、「首都高はいったん乗ったら絶対降りるな」という、身体に染みついた固定観念を変える必要が出てくるのです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 個人的経験上、信号待ちのある一般道よりも渋滞中の高速道路の方が評定速度は速いです。清水草一氏の著作でも、氏が実験した結果は渋滞中の高速道路の方が速いという報告があったと記憶します。

    この点に関しては、この記事で清水草一氏が例示した部分だけでも実証報告を期待します。

    • 2~3kmの渋滞の場合事故で通行が遮断されるレベルでなければ首都高から降りない方が早い。
      しかし朝の5号池袋線上りのように10km以上渋滞した場合は根本的に首都高から大きく離れたエリアで計画的に避けた方が早い事もある。
      5号池袋線の場合は板橋区の赤塚公園を通る高速下や川越街道自衛隊前はとても使えないが、
      目的地によっては外環に抜けて大泉など大きく迂回するケースもある。

      また、例として東京港トンネルが渋滞していたらゲートブリッジが有効だろう。
      かつてはリムジンバス(東京空港交通)がさまざまな迂回ルートを持ち無線で連絡を取り合いながら渋滞を避けていた事もある(今は357号の渋滞が話にならないのであまりやらないそうだが)。

      要は如何に空いている迂回路を確保できるかで下道に逃げるケースも選択肢となるという事だと思う。