パリの駅弁店、好評で1カ月延長 すき焼き弁当も新発売 JR東日本・NRE

パリ・リヨン駅に期間限定で出店している日本の駅弁販売店が、好評につき営業期間を5月26日までに延長。あわせて5月1日からは「すき焼き弁当」の販売を始めます。

「幕の内」「助六」なども継続して販売

 JR東日本とグループ会社の日本レストランエンタプライズ(NRE)は2016年4月20日(水)、フランス国鉄のパリ・リヨン駅構内に期間限定で出店している駅弁販売店「駅弁 EKIBEN」について、当初3月1日(火)から4月30日(土)までだった期間を5月26日(木)まで延長すると発表しました。

 両社によると、利用者の好評を得ているため営業期間を26日間延長することを決定。パリ・リヨン駅の「ホール2」内にて8時から19時30分まで、駅弁を販売します。

160420 parisekiben 01
パリ・リヨン駅の駅弁販売店と、新たに販売が始まる「すき焼き弁当」(写真出典:JR東日本)。

 なお、5月1日(日)からは「パリ・リヨン弁当」にかわり13ユーロ(税込)の「すき焼き弁当(BENTO SUKIYAKI)」が新たに登場。「幕の内折詰弁当」「日本のおもてなし弁当」「助六寿司」「おにぎり弁当」も引き続き販売されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント