国産困難な戦闘機 ついに飛んだ日本のステルス機X-2は何を目指すのか

「心神」という非公式愛称を持つ先進技術実証機X-2が2016年4月、初飛行に成功しました。「純国産ステルス戦闘機」への第一歩と見る向きもありますが、国産は困難なのが現実。ではこのX-2、何を目指しているのでしょうか。

様々な部品を流用して生まれたX-2

 2016年4月22日(金)の午前、防衛省技術研究本部および三菱重工が開発した先進技術実証機X-2が、航空自衛隊の小牧基地(愛知県)において初飛行しました。今後、次世代の戦闘機に必要とみられる各種技術を実証する飛行試験が行われます。

160423 x2 01
小牧基地を離陸するX-2。26分後に岐阜基地へ着陸し、初飛行を成功裏に終えた(写真提供:スカルショット)。

 かねてより「心神」の非公式愛称で知られるX-2。その形状から日本初の「国産ステルス戦闘機」と報じられることもありますが、本機はあくまでも純粋な実験機です。脚部は三菱T-2練習機のもの、キャノピー(風防ガラス)は川崎T-4練習機のものなど、既存品を流用してコスト削減がなされており、レーダーやミサイルといった戦闘システム、武装も搭載しません。また、X-2を“原型とした”戦闘機が開発されることもありません。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 「X-2はパイロットが操縦しません。パイロットはあくまでもコントローラーによって飛行制御コンピューターにどう動きたいかを伝えるだけで、具体的にラダーを動かすといった機体制御は、全て飛行制御コンピューターで動くソフトウェアが行っています。」
    まるで、戦闘妖精雪風とう小説やアニメに出てきた無人機やスーパーシルフ雪風、メイブ雪風を彷彿させるな。

  2. X-2に限らず、今時の民間旅客機など飛行制御コンピューター搭載機は、”パイロットが操縦しません”。
    自動飛行や限定的な自律制御もそれがあってのことですしね。

    そして自動車もそれに近づきつつあります。
    そのうちゲームパッドで運転可能な車も出ますよ。

  3. 私はこれF22か F35早くよこさないと、
    自分たちで作ってしまうぞ!と言うデモンストレーションだと思っているのだが。

  4. この関賢太郎は時々誤った情報を書いて掲載する。
    こんな人物が航空評論家と言えるのか?
    文章も時折稚拙な書き方をするし、恥ずかしくないのだろうか?
    こいつの文章や内容は一切信用できない。

  5. じゃあお前が正しい情報とやらを書いてみろよ