時速は73.8km 世界最速エレベーター、119階建てビルに登場 三菱電機

三菱電機が世界最高速のエレベーターを開発。中国・上海市の高層ビルに設置されます。

中国最高層の「上海中心大厦」に

 三菱電機は2016年5月10日(火)、世界最高速という分速1230m(時速73.8km)のエレベーター技術を開発したと発表しました。

 中国で最も高い高層ビル「上海中心大厦」(上海市、地上632m)に納入されている分速1080m(時速64.8km)のエレベーター3台のうち、1台をこの技術を利用したものに更新します。

160510 mitsubishielevator 01
エレベーターが設置される中国・上海市の中国最高層ビル「上海中心大厦」の外観(写真出典:三菱電機)。

 三菱電機によると分速1230mのエレベーターは、巻上機のモーター出力を最大限に引き出す制御盤や、調速機、ブレーキ装置、緩衝器などの安全装置を開発したことにより実現。「上海中心大厦」の地下2階から地上119階の展望階までおよそ53秒で到達するといいます。

「上海中心大厦」は上海市浦東の陸家嘴金融開発区に建設された高層ビルで、オフィス、ホテル、商業施設、会議・展示場、文化・観光施設、レストランなどからなる大型複合施設です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 恐らく最速を更新するのはのぼりの速度だけ?
    下りの速度は向上しないの?