券売機体験や路線図タオル限定販売も 「よこすかYYのりものフェスタ」6月開催

2016年6月11日、12日に神奈川県横須賀市内で、乗りものをテーマにしたイベント「よこすかYYのりものフェスタ2016」が開催。JR東日本は車両展示やグッズ販売などを実施します。

クルマや海自の艦艇なども展示される乗りものイベント

 JR東日本・横浜支社は2016年5月20日(金)、「よこすかYYのりものフェスタ2016」において同社が実施する展示や実演などの詳細を発表しました。

「よこすかYYのりものフェスタ2016」は神奈川県横須賀市内の複数の会場で6月11日(土)と12日(日)に開催される横須賀市観光協会主催のイベントです。鉄道をはじめ、クルマや海上自衛隊の艦艇など、乗りものに関する展示や関連企画が実施されます。

160525 jreyyfesta 01
展示や操縦室の見学が予定されている保守用車両「マルチプルタイタンパー」のイメージ(写真提供:JR東日本)。

 JR東日本はJR横須賀駅の保守基地内を会場にして、車両や施設の展示、実演などを行います。電線の張り替えや設備の取り換え、検査などに使用する、線路も走れる特殊な自動車「軌陸車」の乗車体験や、線路のゆがみなどを直す保守用車両「マルチプルタイタンパー」の操縦室見学などを実施。初の企画である駅の券売機と自動改札機の展示では、実際にイベント用のきっぷを発券し、自動改札機に通す体験ができます。

 また、ヴェルニー公園では鉄道グッズや弁当などを販売。昨年、好評につき完売したという横須賀線、総武線の路線図と車両が描かれたマフラータオル(1300円、30枚限定)や、乗車体験会(受付終了済)に登場する伊豆急行2100系の「リゾート21・黒船電車」をデザインしたサインボード(1600円、200枚限定)、オリジナルの掛け紙が付いた記念弁当などの商品が並ぶ予定です。

160525 jreyyfesta 02
30枚限定で販売される横須賀線、総武線の路線図と車両を描いたマフラータオル(画像提供:JR東日本)。

 イベントではこのほか、子ども駅長制服撮影会やミニ電車の運行といった子ども向け企画、ヘッドマークや懐中時計などの鉄道古物販売なども行われます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント