山陽・九州新幹線が変形ロボ「シンカリオン」に 3機合体変形も

キャラクターコンテンツ「新幹線変形ロボ シンカリオン」に、山陽・九州新幹線の車両をモチーフにした3機が新たに加わりました。

山寺宏一さんによる主題歌も完成

 ジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーは2016年6月1日(水)、キャラクターコンテンツ「新幹線変形ロボ シンカリオン」に、新たに3機が加わったと発表しました。

 新たに登場するのはJR西日本の700系新幹線をモチーフにした「シンカリオン700のぞみ」と「シンカリオン700ひかりレールスター」、そしてJR西日本とJR九州のN700系新幹線をモチーフにした「シンカリオンN700みずほ」です。

160603 shinkalion 01
新登場する3機の「シンカリオン」(画像出典:タカラトミー)。

「シンカリオン700のぞみ」は架空のICカード「Shinca」をモチーフにした「シンカブレード」を自在に操る剣の使い手といいます。また、今回登場した3機は合体することで「シンカリオン トリニティー」へと変形するそうです。

「新幹線変形ロボ シンカリオン」のウェブサイトでは、声優の山寺宏一さんによる主題歌「チェンジ!シンカリオン」も公開。山寺さんは「シンカリオンのかっこよさを表現するために一生懸命歌いました。カッコイイ曲に仕上がりましたので、ぜひ皆さんにも覚えて、一緒に歌っていただきたいです」とコメントしています。

「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、新幹線が巨大ロボット「シンカリオン」に変形し、日本の安心と安全を守るため、強大な敵に立ち向かうという設定のキャラクターコンテンツ。これまで「シンカリオンE5(イーファイブ)はやぶさ」など、JR東日本やJR北海道の新幹線車両をベースにしたキャラクターが登場していました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 時速320キロのはやぶさ翔やE5系シンカリオン、時速300キロのN700系シンカリオンが相手では、時速285キロのカンセンジャーが勝てる見込みは無いでしょう。700系シンカリオンなら互角かも?