知られざる陸自の青きヘリチーム 「ブルー」でも「インパルス」でなく「ホーネット」

航空機がさまざまな演舞を見せるアクロバットショー。航空自衛隊の「ブルーインパルス」は有名ですが、実は陸上自衛隊にもハイレベルな演舞で魅せるヘリコプターチームが存在します。

「ひな鳥」を鍛える教官たちが

 自衛隊のアクロバット飛行チームといえば、いまや国民的人気を誇るまで愛されるようになった航空自衛隊の「ブルーインパルス」が有名ですが、陸上自衛隊にも年にたった1度だけ臨時編成される、ヘリコプターによるアクロバットチームがあることをご存知でしょうか。

 その名は「ブルーホーネット」。メンバーは、陸上自衛隊の次世代を担う“ひな鳥”(陸曹航空操縦学生)たちを鍛えあげる、航空学校宇都宮校(栃木県)の教官らによって編成されます。

160702 bhornet 01
緊密な編隊で演舞し、観客を魅了した陸自の「ブルーホーネット」(2016年6月、関 賢太郎撮影)。

「ブルーホーネット」は、例年5月半ばに行われる「北宇都宮駐屯地開庁記念行事」の航空ショーにおいて、アクロバット飛行を披露しています。今年(2016年)は5月に「伊勢志摩サミット」が行われたため6月19日(日)の開催になりましたが、当日は梅雨時にも関わらず好天に。ヘリコプター独特の機動を交えた一糸乱れぬ演技に、飛行場を埋め尽くした多くの観客たちがパイロットたちへ惜しみない拍手を送りました。

 世界中に軍隊系のアクロバット飛行チームは数多あれど、そのほとんどは飛行機を使用しており、ヘリコプターを使うチームは少数です。そのユニークな魅力に迫るべく、「ブルーホーネット」全6機のなかの1番機を操縦し「ホーネット・リーダー」として編隊を率いる、操縦教官の福田友彦3等陸佐に話を聞きました。

【注】本記事において、「ブルーホーネット」の飛行展示を便宜上「アクロバット」およびそれに類する言葉で表現していますが、日本の航空法においてヘリコプターのアクロバット(曲芸)飛行は禁じられています。「ブルーホーネット」(および「スカイホーネット」)の飛行展示(演技)は、航空法で認められた範囲内でのみ行われています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ヘリコプターは暦とした飛行機(回転翼機)ですが、文中にヘリコプターが飛行機でないかのような記述があります。この場合は「飛行機」ではなく「固定翼機」と書くべきです。

  2. You really saved my skin with this iniatmorfon. Thanks!

  3. AFAIC tht'as the best answer so far!