勢いづく韓国、見えてきた次期国産戦闘機「KF-X」の性能は? ぬぐえぬ懸念も

韓国が開発を進める次世代戦闘機「KF-X」、その具体的な姿が見えてきました。技術的問題にも目途がついたようですが、現代戦闘機の開発におけるある問題が、やはりこの計画でも大きな障壁になるかもしれません。

国産練習機の成功で勢いづく韓国

 2025年頃の実用化が目指されている、韓国空軍の国産次世代戦闘機KAI(韓国航空宇宙産業)「KF-X」。これまでその実態は明らかではありませんでしたが、2016年に入ってレーダーシステムやエンジンを供給するメーカーも決定したことにより、その姿がおぼろげながら少しずつ見えてきました。

 近年、韓国はアメリカ産戦闘機のライセンス生産を積極的に行うなど、航空技術を大幅に高めつつあります。特に、ロッキード・マーチン社の協力を仰ぎながらもKAIが主導し、開発した国産機T-50「ゴールデン・イーグル」は、旧来の高等練習機と戦闘機の機能を盛り込んだ新しい概念のジェット練習機「戦闘機導入練習機(LIFT)」として完成しました。

 このT-50は韓国空軍のみならず輸出にも成功しており、2016年6月にはアメリカ空軍の「次期練習機選定(T-X)」の競作に参加すべく、アメリカ空軍仕様に再設計した新しいT-50の初飛行を実施。「T-X」の最有力候補となっています。

160717 kfx 01
韓国の国産次世代戦闘機「KF-X」のイメージ。KAIによれば、初飛行は2022年を目指しているという(画像出典:KAI)。

 T-50の成功によって勢いづいた韓国の航空業界は、「次世代戦闘機の国産化」という次のステップへとコマを進めるべく「KF-X」の開発に着手しました。開発費はおよそ9000億円を見込んでおり、その費用捻出のため、インドネシアやトルコも計画に参画。またアメリカのロッキード・マーチン社をはじめ、多くのメーカーが出資する国際共同プロジェクトになっています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント