浜松だけの名物「空飛ぶ新幹線」見納めへ 本物の「D・E席」や時計も販売

「本物の新幹線の部品」も購入可 700系新幹線の座席など初出品

 まず“特別”なのは、「先頭カバー、床下機器、ロゴマークなし」です。

 いつもの「なるほど発見デー」では、駅で見られるのと同様の姿をした新幹線車両が空を飛びますが、今回の「さよなら」イベントでは、先頭車両の前面にあるカバーが取り外され内部の連結器が見える状態で、かつ車体床下に取り付けられている機器も外され、車体側面の「N700A」ロゴもないという、普段はなかなか見られない姿の新幹線車両が空を飛びます。クレーンへの装飾も“特別”に行うそうです。

「いつもより長く止まっている」のも“特別”なポイント。空中で停止する時間を多めに確保し、記念撮影しやすいよう配慮するといいます。また、浜松工場とその「車体上げ・載せ作業実演」の歴史を紹介するパネルの展示、「記念ポストカード」(数に限りあり)の配布も行われます。

 実演は9月4日(日)現在、10時25分、11時00分、11時35分、12時55分、13時30分、14時05分、14時40分の計7回を予定。浜松工場に駐車場はありませんが、浜松駅北口付近とのあいだで運行される無料シャトルバスが利用可能です。

Large 160904 hamako 03
初めて販売される700系普通車座席のイメージ(写真出典:JR東海)。

 また今回の「さよなら車体上げ・載せ作業実演」では、取り扱いが初めてのものを含む「本物の新幹線の部品」を購入できるのも大きな特徴です。

 まず、700系の「客室座席(普通車)」。D席、E席として使われた2人掛け座席のセットで、700系のそれが販売されるのは今回が初といいます。座布団より下の回転機構はありません。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント