14系など鉄道車両を一般にも販売 北陸の運送会社 全国から旧車が集まるワケ

リクエストも可

「鉄道車両を保存したいという個人や会社と、『もらってくれるならもらってほしい』という鉄道会社とを橋渡しする目的で行っています。おもに、『この車両がほしい』というリクエストを受け、鉄道会社と調整のうえ、当該の車両を弊社のヤードまで運搬。そこで一時保管しています。貨物関連の会社ですので、商品としては中古の貨車やコンテナが多いですが、リクエストに応じてさまざまな車両を探してきます」(ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス、飴谷さん)

 人と車両をつなぐ目的で行われている車両販売。しかし、廃車時はボロボロの状態になっているものも多いはずです。

Large 160923 syaryo 03
2016年4月に運ばれたばかりの、もと樽見鉄道ハイモ230形。車体広告もそのまま(写真出典:ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス)。

「手を加えずそのままの状態で車両の引き渡しを希望される方もいますが、リクエストがキャンセルになることもありますので、多くは弊社で補修し、展示が可能な状態にしておきます。弊社のスタッフには、いまでは見られないような古い車両を若いときに検修した経験を持つ元鉄道会社職員などがいるため、可能なのです」(飴谷さん)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 寝台車の販売はしておりますでしょうか?販売しているのであれば価格はおいくらですか?