早朝「アクセス特急」定期化、「スカイライナー」増発も 京成11月ダイヤ改正

京成線で11月にダイヤ改正が実施されます。「スカイライナー」が増発されるほか、成田空港に早朝に着く「アクセス特急」も誕生。また、直通運転を行う北総線、都営浅草線、京急線でも同時にダイヤが改正されます。

成田行き「アクセス特急」は早朝40分以上繰り上げ

 京成電鉄は2016年10月6日(木)、京成線のダイヤを11月19日(土)に改正すると発表しました。

 今回の改正で、平日、土休日ともに、朝8時台に下り「スカイライナー」が1本増発。また、京成上野駅、日暮里駅の「スカイライナー」発車時刻が、6、7時台は20分間隔、8時台は25分間隔という、等間隔になるよう調整されます。

161007 keiseidiakaisei 01
現在の「スカイライナー」は2010年にデビューした3代目(AE形)。2016年9月に利用者2000万人を突破した(2010年11月、恵 知仁撮影)。

 特急料金不要の「アクセス特急」は早朝に下り1本、夜間に上り1本が増発されます。このうち下りの増発列車は京成上野発5時18分、成田空港着6時14分で、現在の「アクセス特急」(始発列車)よりも成田空港駅の到着時刻が平日で45分、土休日で43分繰り上がります。この列車はゴールデンウィークや夏休み期間などに運転していた臨時列車を定期化するもので、成田空港の早朝便を利用する乗客らの利便性向上を図ります。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 反対の夜間高砂行きも定期化してくれ京成さん