京急車内で直送生ビールと崎陽軒オリジナル弁当 横浜の縁が生んだ「ビール電車」走る

京急が、キリンビール横浜工場の操業90周年を記念した「京急×キリンビール横浜工場 90周年記念ビール電車」を運転。工場長、醸造長と語らい盛り上がる乗客を乗せた電車は、珍しいルートで、始発の横浜駅から終点の京急川崎駅まで約2時間かけて走りました。

ロングシートに長机を並べ、手元には崎陽軒のオリジナル弁当

 京急電鉄が2016年10月14日(金)、「京急×キリンビール横浜工場 90周年記念ビール電車」を運転。およそ80人の乗客が約2時間、貸切電車で工場直送ビールを飲みながら、金曜の夜のひとときを楽しみました。

特製のヘッドマークをつけた「京急×キリンビール横浜工場 90周年記念ビール電車」(2016年10月、中島洋平撮影)。

 最寄りが京急の生麦駅(横浜市神奈川区)であるキリンビール横浜工場(同)の操業90周年を記念し、運行されたもので、平日夜に走行中の車内でビールを楽しむイベントは、京急では初の取り組みとのこと。参加費はひとり3000円で、申込み開始からわずか5分で完売したそうです。

 その始発駅は横浜で、仕事帰りにも参加しやすい18時49分発。ヘッドマークをつけた4両編成の1500形電車が、ふだんの停止位置とは異なる、ホームの最も品川寄りに停車しました。車両は通勤形のものですが、ロングシートの前に長机が置かれ、周囲にはキリンビールの提灯やタペストリー。車内はお祭りムードです。

乗客に提供された崎陽軒オリジナル弁当。ビールに合うおつまみが中心で、チャーハンがあえて少なめ(2016年10月、中島洋平撮影)。

 発車後、まず「一番搾り」の缶ビールと、シウマイ、チャーハン、唐揚げなどが入った「ビールに合う崎陽軒オリジナル弁当」などが配られます。それで喉を湿らせているうちに、生麦駅へ到着。キリンビール横浜工場の勝間田達弘工場長、岡田義宗醸造長が乗り込むとともに、ビール樽がかつぎ込まれました。

 工場直送、できたての生ビールが配られたところで、勝間田工場長が「乾杯」の発声。みな一斉に飲み干します。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 運転データが出ました。

    金沢文庫1826(3)発(回送1891C)京急富岡1831着→34発(印旛日本医大行き特急を先行する為の待避)→上大岡1839(3番線通過)→横浜1847着・49発(2番線。ここから貸切1891C)→生麦1904着・07発→京急川崎1910(6)着

    京急川崎1921発(貸切1991C)小島新田1931着(1番線)

    1943発(貸切1990C)→京急川崎1953着(1番線)

    2015発(貸切2091C)小島新田2030着(1番線)

    2040(貸切2090C)京急川崎2053着(1番線)

    別サイトでの報告データを元に、市販の時刻表で回送列車時刻も洗ってみましたが、如何でしょうか?(笑)

    • この列車の特徴は、1521~を運用しているところから見ると、『生麦→京急川崎で120km/h運転を行っている点』でしょうか。同編成は120km/h対応編成ですからね。

      ↑区間の所要時間3分ちょっとなら、120km/h運転対応車両でなければ、無理ですからね。

  2. 元のデータはこちらですm(__)m。

    Http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20161017-10253512-carview/

    タイトル:ビール飲み放題列車で「コージョーチョッ!」コール

    宜しくお願いしますm(__)m。

  3. すいません、訂正します。

    正確には『京急ビール飲み放題列車で「コージョーチョー!」コール』でした。

    酔って書いてる為、大変申し訳ありませんでしたm(__;)m。