重量違反車はその場で「強制退去」も 首都高などで一斉取り締まり

10t車が20tになると、道路の疲労度は約4000台分に

 重量制限を超過した車両は、道路にどれほどの影響を与えるのでしょうか。

 車両重量が道路に与える影響度は、軸重(車軸にかかる重さ)の約12乗に比例するといいます。首都高速によると、たとえば軸重10tの車が過積載によって20tになった場合、道路には、10t車約4000台分の疲労が蓄積されるとのこと。

Large 161110 shutokotorishimari 02
左が重量測定場所。その奥が一般道に通じる通路(緊急排出口)で、重量違反によって退出させられた車が停まっている(2016年11月10日、中島洋平撮影)。

 高速道路会社は、こうした重量制限違反のドライバーや、その所属する運輸会社などに対して改善を要求するなど、「違反者管理を徹底している」(首都高速の担当者)そうですが、再三の要求にも関わらず違反を繰り返す事業者に対しては、告発、起訴し、事業者名を公表するなどしています。

 2016年11月10日現在、高速道路における道路法違反の告発件数は26件。現地取り締まりで、特殊車両通行の許可なく車両の総重量が基準の2倍以上に超過していると確認された場合なども、告発の対象になります。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 僕も以前に東京で働いていた時に積載量オーバーで捕まったことがある。
    荷台は見た目にはわからないようにとシートで覆ってプラントに駆け込む手はず。
    が白バイに引き留められて、目方計に乗せられてあえなく違反切符を切られた。
    積載物をそのままで運転していいのかを確認してプラントに向かう。
    違反金は会社で持ってくれたが、点数を失って悔しいのはいまだに消えていない。