「THE ROYAL EXPRESS」誕生へ 生演奏響く伊豆の観光列車 2017年夏デビュー

伊豆急行を走る新たな観光列車「THE ROYAL EXPRESS」。その全貌が発表されました。走行区間は横浜~伊豆急下田間で、横浜駅にはこの列車の利用者専用ラウンジも設けられます。

国内最長編成の観光列車

 東急電鉄と伊豆急行は2016年11月17日(木)、伊豆急行線を走る新しい観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の記者発表会を行いました。新しい観光列車は2017年7月から、横浜駅と伊豆急下田駅(静岡県下田市)のあいだを走る予定です。

161117 tokyuizu 01
「THE ROYAL EXPRESS」の外観イメージ。メタリックの塗装で、「伊豆の風景を車体に映しだしながら走る」という(画像出典:ドーンデザイン研究所)。

 JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」などのデザインで知られる工業デザイナーの水戸岡鋭治さん(ドーンデザイン研究所)が、「THE ROYAL EXPRESS」のデザインと設計を担当。水戸岡さんがデザインした列車は、九州に限らず山梨県の富士急行や長野県のしなの鉄道などでも走っていますが、関東を発着する列車は初めて。しかも、観光列車としては国内最長の8両編成で走ります。

161117 tokyuizu 02
左から、東急電鉄の野本社長、水戸岡さん、伊豆急行の小林秀樹社長。「美しさ 煌く 旅」というキャッチコピーは野本社長の考案(2016年11月17日、中島洋平撮影)。

 車両は1993(平成5)年に登場した伊豆急行の電車「アルファ・リゾート21」を改造。外観は、海や山々の緑をイメージした「ロイヤルブルー」をベース色とし、金色のラインなどをアクセントとしています。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 敢えて厳しいこと言いますが、もうデザインがワンパターンになってきていてワクワクしません。

    内装は「ななつ星」、外観は「丹後の海」そのまんまじゃないですか。

    そこまでやるぐらいなら、いっそのこと開き直ってJR九州や丹鉄と大胆なコラボ企画でもぶち上げたらどうなんだ、というぐらいのことを言ってしまいそうです。

  2. 9月25日に乗車しました.
    Royal Expressの車内内装雰囲気,violinの演奏,最初に提供される昼食,何れも100点満点の所,小生と家内の採点では,120点です.兎に角,何れも非常に素晴らしいものでした.近い内に食事だけのコースで再度乗車したく思っています.同乗していた社員の方々の対応も申し分なく,大変感じが良かったです.
    然し,通勤時間帯に電車に乗るのが嫌なので,9月25日に乗車したのが,昼食が2時頃からのRoyal Expressで,その晩,宿泊先で出された夕食のご馳走がお腹一杯で殆ど食べられませんでした.そこで列車内での最初の昼食は,11時頃から始まるのが望まれると思います.尚,その辺りは,十分に考慮されて計画されていると思っていました.

    退職後長年経つと,通勤時間帯の早い時間に電車に乗って,横浜まで行くのは,気が進まないので,その様な場合,乗車前夜横浜一泊のコースがあれば,楽が出来きます.小生は,川崎市の北端の小田急沿線に住んでいますが,横浜に行ったことがないので,横浜の観光も興味があり,お寺の参拝や古い旅館の見学よりも横浜の観光の方がより興味があります.