「普通列車のスーパーカー」登場30周年、「アルファ」塗装変更 伊豆急

「普通列車のスーパーカー」のデビュー30周年を記念し、「アルファ・リゾート21」が期間限定で特別塗装になります。

「トリコロール」「左右非対称」で

 伊豆急行は2016年2月9日(火)、「アルファ・リゾート21」の塗装を期間限定で変更すると発表しました。

 新塗装は、「リゾート21」のシンボルカラーである「トリコロール(赤・白・青)」を使用したうえ、「リゾート21」が1985(昭和60)年度にデビューした当時の特徴であった「左右非対称」を復活。白を基調に、現代的なデザインにしたといいます。「リゾート21」のデビュー30周年を記念し、実施されるものです。

前面展望席構造の「リゾート21」車内(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 運転日は2月10日(水)から7月までの予定。静岡県・伊豆半島の東岸、熱海~伊豆急下田間を普通列車として走ります。伊豆急行線は伊東~伊豆急下田間の45.7km。熱海~伊東間の16.9kmは、JR東日本の伊東線へ乗り入れる形です。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント