「アンカレッジ」なぜ聞かなくなった? 日本に縁深かった空路の要所、その「いま」

経由するにも、なぜ「アンカレッジ」なのか

 時代をさかのぼって1950(昭和25)年ごろ、日本と欧州をつなぐ空路は、領空の制限によりソビエト連邦(当時)の上空を通るシベリアルートが使用できず、アジアを経由していく南回りルートに加え、北極圏を通る北回りルートが使われていました。これらのルートは遠回りで時間がかかるうえ、当時の航空機は航続距離が十分なものではありませんでした。

 JALが1966(昭和41)当時、ニューヨーク線で運航していたDC-8型機で見ると、その航続距離は8700km。現在、同じ路線で運航されている777-300ER型機の1万4340kmと比べ、その差は歴然です。当時のように航空機の航続距離が長くなかった時代、日本から欧米へ向かう旅客便は、一度アンカレッジ国際空港に寄港し、燃料補給を行なってから北極圏を通過するルートをとっていたのです。

Large 161116 anchorage 02
アンカレッジ国際空港のウェルカムサイン。かつて日本在住の人にとっては、アラスカへの玄関口であると共に、欧米各国へのそれでもあった(写真出典:americanspirit/123RF)。

 その後、日本とソビエト連邦とのあいだで行われた航空交渉の結果、1972(昭和47)年よりJALがシベリアルートの運航を徐々に開始。1990年代初頭に冷戦が終結すると、旧ソ連政府は「領空通航料」を外国機から徴収するため、シベリアルートを積極的に開放するようになります。JALもまた、1991(平成3)年には、アンカレッジ経由の北回り欧州線を完全に廃止しました。

 このような事情から、1990年代初頭に至るまでは、アンカレッジ経由便が数多く運航されていました。同空港で乗機が燃料の補給中、その旅客はいったん降機し、ターミナル内の免税店やレストランなどで2時間ほど過ごすスケジュールでしたが、これが面倒だったという人もいれば、実は楽しみだったという声もちらほら聞こえ、いまでもそんな当時を懐かしむ人さえいます。利用の多かった日本人客のためか、片言でも日本語を話す従業員が多く見られ、お世辞にも美味しいとはいえないうどんなどの和食メニューでも、長時間のフライトのあいだについつい手を伸ばしてしまった、という話も聞きました。

 現在は、旅客機の技術やエンジン性能の向上によって航続距離が伸び、世界中のほとんどの主要都市へ直行便が運航されています。こうして、日本において「アンカレッジ」という地名は、あまり聞かれなくなっていきました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 161116 anchorage 04
  • Thumbnail 161116 anchorage 01
  • Thumbnail 161116 anchorage 02
  • Thumbnail 161116 anchorage 03

最新記事

コメント

16件のコメント

  1. 一目瞭然
    地図凄い

  2. B747-200に "LR" と言う機種はありません。ジャルのJFK行き直行便はB747-200BのエンジンにJT-9の後期高出力型を使い燃料搭載量を増やした型です。

  3. 日本・アメリカ・欧州、各々の時差が大きく、時差ぼけがキツかった記憶が…
    欧州からの帰国便、日本食が懐かしく“うどん”に飛んでいった思い出が残っています♪

    ロビーに有った免税店、日本人の添乗員でも登録すれば、お客さんの売上高に応じた「おこずかい」を頂けた懐かしい時代です。

  4. 今から31年前にヨーロッパへバックパック旅行した時、飛行機がアンカレッジで給油するために降りた。空港にすごく大きくて迫力のあるシロクマの剥製があったことを今も憶えている。

    • 30年くらい前でしょうか、シロクマは立ち姿で人間の身長より高かったような記憶あります。

  5. 大韓航空でソウルから、チャイナで台北から直行便があり利用しました。今はなくなり米国本土、ハワイからの乗継でしょうか?5~6回行きましが、景色が素晴らしく落ち着いた町が好きです。免税店で働いていた日本人とも仲良くなりましたが?機会があれば再訪したいところの一つです。

  6. アンカレジ経由、懐かしい響きですね。

  7. 赤提灯のうどん懐かしいね。

    • うどん!懐かしいですね。
      帰国の途中にあれを食べるともう半分日本に帰って来た感じの安堵感。
      特別に美味しくはないし高かったけれどなんとも言えない安心感。
      食べ物って人に笑顔を与えます。^^

  8. 平成元年6月20日アンカレッジ経由で移住の為イギリスに向かった時に,
    アンカレッジでシンクロナイズドスイミングの小谷実可子さんに遭遇した思い出があります。
    小谷さんもヨーロッパに遠征に行かれる時でした。

  9. 残念、正距方位図法とするなら、中心をアンカレッジにすべきだったな。地図載せた人、わかっていないね。

  10. 「初めての外国」=「アンカレッジ」の年代には、懐かしいですね〜。
    日本から北米への路線では、当地時間で真夜中近くに着くことが多かったので、満天の星空が印象的でした。
    日本人観光客目当てに、ヘンテコな土産物がたくさん並んでいました。
    日本人の男性(ほぼ全員男性!)がラーメン屋に長〜い列を作って並んでいたのも印象に残っています。

  11. 当時この空を飛んでいた祖父のことを少し知れた気がします。ありがとうございます。

  12. 初めてのドイツ出張アンカレッジの大きなしろくまの剥製あれから40数年なつかしいですねー

  13. アンカレッジ経由でヨーロッパに行くと、北極圏通過証明書が発行されました。

  14. こないだオーロラ見に行くのに
    シカゴ~アンカレッジ経由で
    利用しました。

    空港はとても綺麗で賑わってましたね。

    帰りは飛行機からもオーロラ見えました!