上野駅13.5番線から旅立ちへ JR東日本の豪華クルーズトレイン「四季島」

2017年5月から運行を始める、JR東日本の豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」。その出発駅、帰着駅となる上野駅では、「13.5番線ホーム」から列車に乗降することになりました。かつて、別の目的で使われていたホームです。

13番線と14番線のあいだから

 JR東日本は2016年12月6日(火)、豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」の出発駅、帰着駅になる上野駅(東京都台東区)について整備計画を発表。「四季島」の乗客は、同駅の「13.5番線ホーム」から列車に乗降することが明らかになりました。

161206 shikishima 01
10両編成で定員34人の「TRAIN SUITE 四季島」。ダイニングカー、ラウンジカー、展望車も連結する(2016年8月、伊原 薫撮影)。

 上野駅の13番線ホームと14番線ホームのあいだには、かつて荷物輸送で使っていたホームがあります。それを「四季島」用ホームとして整備するもので、JR東日本はこれを「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」と命名。「ご乗車されるお客さまだけが味わえる特別な空間をご用意し、旅への期待をますます高めていただけるよう演出いたします」としています。

161206 shikishima 02
「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」イメージ(画像出典:JR東日本)。

 また「四季島」の乗客向けに、上野駅の13番線ホームにラウンジ「プロローグ四季島」を設置。このラウンジから「四季島」クルーの案内で専用の「13.5番線ホーム」へ入場、列車に乗車します。またこのラウンジは、列車帰着後の「フェアウェルパーティ」会場としても使用するとのこと。

「四季島」の運行開始は2017年5月1日(月)。それ以降、8月までの出発分はすでに完売で、現在は2017年9月から11月出発分の受付が行われています。なお2017年5・6月分は、平均倍率6.6倍、最高倍率は76倍(最高級客室「四季島スイート」3泊4日、95万円)でした。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 13.5番線って・・・
    貧弱な発想の貧弱な企画でJR東らしくて良いね。

    こんなんだから、まともな列車運行も出来ないんだよ。

    • 運行開始後となった今は大成功だったけど、この人はどう思ってるんだろう・・・
      特に専用ホームを設けて良かった最大の点は、鉄オタ共を追い出せた事

    • 運行開始後となった今は大成功だったけど、この人はどう思ってるんだろう・・・
      特に専用ホームを設けて良かった最大の点は、鉄オタを追い出せた事

  2. ハリー・ポッターかいwww