急カーブさらに楽しめる? 「アレグラ号」2両固定編成を導入へ 箱根登山鉄道

箱根登山鉄道が2両固定編成の3100形電車「アレグラ号」を2017年春に導入する予定です。従来の3000形「アレグラ号」1両と連結し3両での運転が可能。輸送力の増強が図られます。

2017年5月から営業運転開始へ

 箱根登山鉄道は2016年12月5日(月)、2両固定編成の3100形電車「アレグラ号」を新たに導入すると発表しました。

 この車両はこのまま2両で運転できるほか、混雑時には2014年11月から使用している3000形電車「アレグラ号」1両と連結し3両での運転が可能。2017年4月に竣工し、同年5月から営業運転を開始する予定です。

161208 hakone3100 01
大型窓を多用した3100形「アレグラ号」の外観イメージ。「アレグラ(ALLEGRA)」はスイスで話されるロマンシュ語のあいさつ言葉という(画像出典:箱根登山鉄道)。

 製造両数は2両。総製造費は約6.2億円です。車両デザインは、3000形「アレグラ号」をはじめ、小田急電鉄の特急「ロマンスカー」用車両である50000形「VSE」や60000形「MSE」、そして2018年3月デビュー予定の新型70000形などを手掛ける岡部憲明アーキテクチャーネットワークが担当します。

 3100形は連結部分の運転台を撤去したことで、1両あたりの定員が3000形の75人(座席36人、立席39人)から82人(座席40人、立席42人)に増加。また連結間の窓を大型化し、箱根の景色や登山鉄道ならではの急カーブ走行を間近に楽しめるといいます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. また2000系2本は2連に戻っちゃうの?