日比谷線の新型車両、デビューに先立ち3日間限定で特別運行 東京メトロ

2017年3月から東京メトロ日比谷線などで営業運転を開始する予定の13000系電車。この新型車両の特別運行が、2016年12月23日から12月25日までの3日間限定で実施されます。

「日比谷線色」のドラえもん広告がお出迎え

 東京メトロは2016年12月9日(金)、日比谷線用の新型車両である13000系電車を、営業運転開始に先立ち、12月23日(金・祝)~25日(日)の3日間限定で特別運行すると発表しました。

161209 metro13000 01
2017年3月に営業運転を始める予定の新型13000系電車。1両あたりの車両の長さが、従来の18mから新型車両は20mに変わる(写真出典:東京メトロ)。

 この車両は日比谷線と直通先の東武スカイツリーライン(伊勢崎線)で2017年3月から営業運転が開始される予定ですが、一足早く、日比谷線内限定で特別に列車が運行されます。

 その区間と時刻は次のとおりです。

・往路
南千住発9時16分→霞ケ関着9時42分

・復路
霞ケ関発9時53分→南千住着10時19分

 区間、時刻とも3日間共通。停車駅は南千住~霞ケ関間の各駅です。

 新型車両の車内では、東京メトロの各種取り組みを紹介するキャンペーン「すすメトロ!」のキャラクターであるドラえもんが、日比谷線の路線カラーであるシルバーになって登場し、中吊りやドア横ポスターで13000系の登場を告知します。

 ドア上のモニターでは新型車両の特長や設備が、クリスマスをモチーフにしたドラえもんの動画と組み合わせて詳しく紹介されます。

 東京メトロは「今後も2017年3月からの本格導入に向け、引き続き準備を進めてまいります。東京メトロからのクリスマスプレゼントをぜひご堪能ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント