新型日比谷線直通車両と新型特急を導入 野田線の改良も 東武

東武鉄道が2016年度の設備投資計画を発表。日比谷線直通用や特急用の車両新造や、野田線の改良、SL列車の運転開始にあわせた下今市駅の改修などが計画されています。

新型特急は会津鉄道方面へ乗り入れ

 東武鉄道は2016年4月28日(木)、今年度における総額357億円の鉄道事業設備投資計画を発表しました。

 車両については、日比谷線直通も可能な70000系電車と、特急用500系電車が新造、導入されます。

日比谷線への直通運転も可能な70000系電車は、2017年度に登場(画像出典:東武鉄道)。

 70000系電車は2017年度の営業運転開始に向けて3編成21両を導入。この車両は1人あたりの座席幅が広くとられるほか、各ドアの上部に17インチモニタが設置されるなどの特徴があります。日比谷線に直通する車両については、2019年度までに現行車両が70000系電車に置き換えられる予定です。

野岩鉄道や会津鉄道への乗り入れを予定している特急用500系電車(画像出典:東武鉄道)。

 500系電車は2017年春に8編成24両が導入されます。車両デザインの監修は、鉄道や自動車のデザインを数多く手がける奥山清行さんが代表の「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。列車は会津鉄道方面への乗り入れが予定されています。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

  2. 電車カッコいいでしたまたさしいしんじようおまちおります。