東海道新幹線、すべての定期「のぞみ」「ひかり」N700Aタイプに 消える開業以来のあるもの

2017年3月のダイヤ改正で、東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」全定期列車が快適性や環境性能に優れたN700Aタイプの車両に。東海道新幹線開業時から定期「ひかり」にあったものも、消える見込みです。所要時間短縮も図られます。

東海道新幹線の定期列車、約9割がN700Aタイプに

 2016年12月16日(金)、JR東海は2017年3月4日(土)に実施するダイヤ改正について発表。東海道新幹線で定期運行するすべての「のぞみ」「ひかり」を、そのダイヤ改正からすべてN700Aタイプの車両にすることを明らかにしました。

161216 n700a 01
N700Aタイプ車両で運行される東海道新幹線「ひかり」(2016年9月、恵 知仁撮影)

「N700Aタイプ」の車両には、2013(平成25)年2月にデビューした「N700A」と、2007(平成19)年7月にデビューしたN700系をのちにN700A相当へ改良した2タイプの車両があります。N700Aは、N700系の改良型として登場した車両です。

 この2種類ある「N700Aタイプ」は、比較的かんたんに見分けることが可能。車体側面に書かれているロゴマークの「A」が大きいものが、当初からN700Aとして製造された車両、小さいものがN700系をN700A相当に改良したものです。

 JR東海によると、N700Aタイプの車両がJR東海111編成、JR西日本25編成の合計136編成までそろうことから、すべての定期「のぞみ」「ひかり」を快適性や環境性能に優れたN700Aタイプにするといいます。

 現在、定期「のぞみ」はすべてN700Aタイプでの運転ですが、2017年3月のダイヤ改正以降、定期「ひかり」も全列車65本(現在比+18本)がN700Aタイプに。また「こだま」も、現在比+2本の50本、割合にして60%がN700Aタイプになります。東海道新幹線の定期列車全体では、89%(279本)がN700Aタイプでの運転です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. とうとうこの最悪の状況がやってきましたね。
    今までは禁煙車に座ってれば、隣に喫煙者が座ることは全くと言っていいほどなく安心だったのに、これからは喫煙者が隣に座る確率が格段に跳ね上がる。
    喫煙ルームから戻ってきた喫煙者の隣は耐え難いほどのタバコ臭で、全く禁煙車の意味がないことは、現在までで既に経験済み。
    これからは全席喫煙車とほぼ同じにおいにさらされる可能性があるわけで、においを気にしたくなければ、やはり飛行機を使用しろということでしょうかね?

    • なるほど。鼻が利かない私には思いもよらぬ感覚で目からウロコ。……ところで空路利用の際、その臭気はどのように消えるのか、を鉄路に応用する方法はないものか?

  2. プリズム様
    空路では喫煙できる場所が存在しないので、搭乗直後以外、喫煙者の方でも臭いをまとうことがないはずです。
    新幹線では喫煙コーナーがあるので、そこから戻られた方はそれなりの臭いが残っている。
    …ということだと思います。

  3. N700A(N700系1000番台)の導入で次々と700系を減らしていますね。N700A(N700系1000番台)の導入でのぞみはすべて完全にN700Aタイプになりました。ドクターイエローも完全に要らなくなるかもしれませんね。鉄道ファンの人はどう思いますか?
    皆さん、N700A(N700系1000番台)の今後に注目しています。

  4. N700A(N700系1000番台)は「のぞみ」と「ひかり」は定期の列車に使われていますね。N700A(N700系1000番台)の動向に注目したいです。皆さん、詳しいことはお願いします。N700A(N700系1000番台)の話題お願いします。JR東海はすべてN700A(N700系1000番台)タイプになりつつありますね。今後の動向に注目です。N700A(N700系1000番台)は新幹線の顔として人気です。JR東海の新幹線はこの車両です。調べて下さい。お願いします。