摂津富田~茨木間のJR総持寺新駅、ホームドア設置へ 計画概要発表

JR京都線(東海道本線)の摂津富田~茨木間に設置される新駅の概要が発表されました。2018年春の開業に向け、駅舎や駅前広場などの整備が進められます。

2018年春の開業に向けて整備

 JR西日本と茨木市は2016年12月20日(火)、JR京都線(東海道本線)の摂津富田~茨木間に設置するJR総持寺駅(仮称)の概要を発表しました。

161220 jrwsojiji 01
JR京都線(東海道本線)の摂津富田~茨木間に設置される新駅の外観イメージ(画像出典:JR西日本)。

 駅舎のデザインコンセプトは「街と街、人と人、時(歴史)と時(未来)をつなぐ新たな駅」とされ、2018年春の開業に向けて、JR西日本と茨木市で整備が進められます。

 プラットホームは8両編成に対応する長さの、線路に挟まれる島式が1面。ホーム上には二重引戸式の可動式ホーム柵(ホームドア)や非常ボタン、ホーム監視カメラが取り付けられます。エレベーター1基とエスカレーター2基(上りと下り1基ずつ)も設置される計画です。

161220 jrwsojiji 02
新駅の周辺には駅前広場や市道に通じる歩行者専用道路なども整備される(画像出典:JR西日本)。

 新駅の所在地は茨木市庄一丁目の、エレベーターメーカーであるフジテックの旧本社跡地付近。摂津富田駅から約1.7km、茨木駅から約2.0kmの位置です。開業に向け、駅舎のほか自由通路や歩行者専用道路、駅前広場などの整備も進められます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 阪急総持寺からお客半分くらいとられそう
    あと、阪急茨木のお客も持って行かれそう。阪急茨木へ向かう近鉄バスが西河原や太田方面から出ているから、総持寺を経由すると思うので