ナンバープレートに図柄やローマ字 検査標章は新デザインに 2017年1月から順次導入

分類番号にローマ字が使われたものや、背景に図柄が入ったナンバープレートが登場します。自動車のフロントガラスに貼り付ける検査標章のデザインも変わります。

図柄入りナンバーで機運醸成

 国土交通省は2016年12月28日(水)、法令改正により、自動車のナンバープレートや検査標章のデザインなどが変わると発表しました。

 ナンバープレートは、右上3桁の「分類番号」にローマ字が導入されます。希望番号の普及により番号が枯渇しつつあることから実施されるものです。

ナンバープレート右上の分類番号にローマ字が導入される(画像出典:国土交通省)。

また、背景に図柄が入ったナンバープレートも導入されます。今後、「ラグビーワールドカップ2019」や「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」にちなんだデザインが登場し、大会の機運醸成や地域振興を推進するとしています。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ナンバープレートに図柄の必要性がありますか!? 番号や文字が見えにくいように思えますが!! 事故や犯罪等の時にナンバーの読み取りに困ると思います!! しょうもない事に頭を使うな!! もっと他に大事な事を考える事に頭を使え!!(怒)

    • 図柄背景といえば合州国のプレートなのだが、日本で採用するならば欧州や米国のように文字部分への反射素材使用を行なうことも検討の要ありかと。

    • 図柄なんかいらんでしょ。米国やヨーロッパのことなんか知らん。たかが車の番号表記だ。ばっかじゃないの?(笑)

  2. 夢を育むーハツピイ