絶好調スバルに死角はないのか 実は課題山積、創業100周年のその先は?

次なる大波、電動化 スバルは乗るのか、飲まれるのか

 スバルで残念なのは、成長著しい中国やASEAN諸国での売上げが、ほとんどないということ。スバルには、新興国で売れる低価格のクルマがないからです。またマレーシアにスバルの工場はありますが、2020年の目標も2万台というわずかな数字。そんな数字では、スバルを支える大きな柱にはなりえません。日本市場も話題先行で、実際の販売台数はいまひとつ。そのため現在のスバルは、北米がダメならほかで挽回ということができません。もしも北米で再びリーマンショックのようなことが発生すれば、あっというまにスバルは窮地に陥ってしまうのです。

Large 161228 subaru 03
スバル「XVハイブリッド」は、スバル初のハイブリッド車(写真出典:富士重工業)。

 また、近々登場が予想されるスバルのハイブリッド車にも不安があります。スバルはこれまで、「XVハイブリッド」というSUVをラインナップしてきましたが、燃費性能がそこそこというレベルだったこともあり、ヒットには遠く及びませんでした。電動化の究極である電気自動車も、スバルは軽自動車として発売しましたが、これも売れずにあっというまに引っ込めました。どうもスバルは、次世代エコカーを売るのが苦手なように見えます。そのため、ハイブリッド技術の蓄積がそれほどありません。

 そうした状況で新しいハイブリッド車を作るとなれば、もしかすると提携先であるトヨタの技術を利用するかもしれません。ハイブリッド技術を得意とするトヨタの技術を使えば、非常に燃費のよいスバルのハイブリッド車を仕立て上げることも可能だからです。しかし、それでユーザーは納得するのでしょうか。これも疑問です。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 見た目が安っぽいので買う気になれない

  2. 六代目レガシィ(BN/BS系)のPCDは114.3ですね。

  3. 神は二物を与えませんね、もうCVTから卒業してほしいですね、食わず嫌いじゃなくて初代フィットのCVTに乗ったら他のは原チャリそのものって感じで、自動車評論家の方々も違和感はほとんど感じられなくなったとか言ってますがね、慣れの問題じゃなくて昔ノークラッチと言われた時代のオートマ感覚なんですよ、かと言って6速モードとかマニュアル演出するなら多段トルコンに戻してほしいですね、エンジンが良い仕事をするなら良い変速機が欲しいですね、これボクサーディーゼルならトルコンATなんでしょ?

  4. ドランカーさんの言われる通り、CVTはやめてほしいですね。水平対向エンジンの車に乗りたいと思っているのですが、CVTが嫌いなので未だに他社の車に乗ってます。ザンネン!