絶好調スバルに死角はないのか 実は課題山積、創業100周年のその先は?

好調の波に乗る昨今のスバルこと富士重工業ですが、一方で実は大きな課題も抱えています。このまま波に乗り続けることができるかどうか、2017年に創業100年を迎える同社の次なる一手に注目です。

スバル、絶好調

 スバルに大波が来ています。

 スバルこと富士重工業の、2015年度の世界生産台数は95万台超えの過去最高を記録。なんと6年連続の前年越えです。2016年も11月まで過去最高を記録。このままいけば、2016年度も過去最高を更新するのは、まず間違いないでしょう。

 さらに、2016年に発表した新型「インプレッサ」は、「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の栄冠も獲得。スバル車が選ばれるのは13年ぶりで、ファンにとっては非常に嬉しいニュースとなりました。

161228 subaru 01
「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した、スバル「インプレッサ」。5ドアハッチバックの「SPORT」(左)と、4ドアセダンの「G4」(写真出典:富士重工業)。

 しかも、新型「インプレッサ」に採用された車体の基本構造は、「レガシィ」などスバルのほかの車種にも使われる予定です。つまり新型「インプレッサ」の出来の良さは、ほかのスバル車にも波及することが予想できます。もともと熱心なファンの多いスバルでしたが、クルマの出来が良ければ、さらにファンの数が増えることは間違いないでしょう。

 また、世の中の安全志向が強まるなか、「アイサイト」というスバル独自の強力な運転支援機能もブランドのステイタスを高める追い風。これは、話題沸騰中の自動運転技術にもつながるものです。

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 見た目が安っぽいので買う気になれない

  2. 六代目レガシィ(BN/BS系)のPCDは114.3ですね。

  3. 神は二物を与えませんね、もうCVTから卒業してほしいですね、食わず嫌いじゃなくて初代フィットのCVTに乗ったら他のは原チャリそのものって感じで、自動車評論家の方々も違和感はほとんど感じられなくなったとか言ってますがね、慣れの問題じゃなくて昔ノークラッチと言われた時代のオートマ感覚なんですよ、かと言って6速モードとかマニュアル演出するなら多段トルコンに戻してほしいですね、エンジンが良い仕事をするなら良い変速機が欲しいですね、これボクサーディーゼルならトルコンATなんでしょ?

  4. ドランカーさんの言われる通り、CVTはやめてほしいですね。水平対向エンジンの車に乗りたいと思っているのですが、CVTが嫌いなので未だに他社の車に乗ってます。ザンネン!