記念きっぷのほか、快速「みえ」のキャンペーンも 伊勢鉄道30周年

三重県の四日市市と津市を結ぶ伊勢鉄道が開業30周年。記念きっぷ発売やキャンペーンのほか、キャラクターの愛称も募集されます。

回数券を10冊購入すると1冊プレゼント

 三重県の四日市市と津市を結ぶ伊勢鉄道が、2017年3月27日(月)に開業から30周年を迎えます。これを記念し、さまざまな企画が催されます。

 まず、30周年を機に、伊勢鉄道のキャラクターに愛称が募集されます。作者によると、鈴鹿山脈と伊勢平野をイメージした緑を基調とし、レールの内側に顔を表現したデザインで、子供から高齢者まで幅広く親しまれるようにという願いが込められたもの。応募は郵便はがきで、1月31日(火)まで(当日消印有効)受け付けられます。選考ののち、3月26日(日)に玉垣駅(三重県鈴鹿市)で開催される「伊勢鉄道30thアニバーサリーフェスタ」会場で、決定した愛称が発表されます。

170105 isetetsu30th 01
2017年3月26日に玉垣駅で発売される記念入場券セットの台紙。右側のキャラクター愛称も募集される(画像出典:伊勢鉄道)。

 また、記念1日乗車券「ハッピースマイル 伊勢鉄きっぷ」と、専用台紙が付いた伊勢鉄道全10駅の入場券(硬券)セットが発売されます。

「ハッピースマイル 伊勢鉄きっぷ」は、3月26日(日)から6月25日(日)までの土休日に、鈴鹿駅(三重県鈴鹿市)と津駅(同・津市)および伊勢鉄道の列車内で発売(特急「南紀」、快速「みえ」車内は除く)。当日限り有効で、大人500円、子供250円です。記念入場券は3月26日(日)午前10時から玉垣駅のきっぷうりばで発売。値段は1セット1560円で、300セット限定です。

 さらに、4月1日(土)から9月30日(土)までのあいだに、鈴鹿駅で鈴鹿~名古屋市内の「快速みえ得ダネ4回数券」(1冊2880円)を10冊購入すると、もう1冊進呈されるキャンペーンも行われます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント