新型「シビック」はどんなクルマ? 「タイプR」もラインナップし7年ぶり日本市場復帰

ホンダは新型「シビック」を、2017年夏に国内発売します。そもそも「シビック」とはどんなクルマで、そしてスポーツグレード「タイプR」を含む新型はどうなっているのでしょうか。

2017年夏、日本に「シビック」が帰ってくる

 自動車業界にとっての“仕事始め”ともいえる、カスタムカー&ドレスアップカーの国内最大イベント「東京オートサロン 2017」が、今年も1月13日(金)から15日(日)にかけ幕張メッセで開催されました。当初はアフターマーケットパーツメーカーやショップが出展していた同イベントですが、近年では自動車メーカーの積極的な参加が目立ってきており、とくにスポーツモデルなどの車種では新型車を発表する場として選ばれるケースが多くなってきています。

 そんな今年2017年の「東京オートサロン」において、ホンダは新型「シビック」の日本国内市場への導入を正式に発表しました。以前より、八郷社長が「シビック セダン」の導入に関してコメントを出していましたが、発売時期やボディ・ラインナップについて発表したのはこれが初めて。13日(金)午前10時30分のプレスカンファレンス開始前から、メインステージ上にはブルーのベールをかけられた3台の車両が並び、背後には「CIVIC」のロゴが照らし出されていたため、ブース前には大勢のファンが“その瞬間”を待っていました。

170115 civic 01
新型「シビック」の国内発売がアナウンスされた「東京オートサロン 2017」のプレスカンファレンス(写真出典:ホンダ)。

 今回、日本市場に導入されることが発表されたのは、通算10代目となる現行「シビック」。北米やアジア諸国で発売されているセダン、欧州を中心とする5ドア・ハッチバック、そして「シビック タイプR」の3モデルで、それぞれのスペックや価格帯などは明らかにされませんでしたが、いずれも2017年夏に発売開始といいます。「シビック セダン」は埼玉県の寄居工場で生産され、5ドア・ハッチバックと「タイプR」に関しては、イギリスのスウィンドン工場にて生産、日本へ輸入される形となります。なお「タイプR」は限定販売ではなく、カタログモデルとして用意される模様です。

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. せっかく国内で再登場するシビックも値段が大衆価格から大幅に値上げされ、庶民の手が届かない価格になるのでしょうね。大衆車でありライトスポーツでありファミリーカーでもあったシビックも高級車の領域に入ってしまうのでしょうか。

  2. タイプRの原点に戻るべきだ!開発者も昭和の終わり平成生まれだと思います。残念ながら往年のシビックではなくレプリカなRが悲しいそんな気がします。