SL列車「大樹」、8月10日から営業運転開始 東武鬼怒川線を1日3往復

東武鉄道が下今市~鬼怒川温泉間で運行するSL列車「大樹」の営業運転開始日が決定しました。

新型特急「リバティ」との接続も検討

 東武鉄道は2017年1月18日(水)、日光・鬼怒川地区で運行するSL列車「大樹(たいじゅ)」の営業運転開始日が8月10日(木)に決定したと発表しました。

 2017年度は土休日を中心におよそ100日の運転を計画。東武鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉間12.4kmを1日3往復運転します。客車の座席定員は約200席。片道の所要時間は約35分です。運転時刻については、下今市駅で浅草駅を発着する新型特急「リバティ」などとの接続を検討しているといいます。

170118 tobutaijyu 01
SL列車「大樹」の牽引(けんいん)機であるC11形207号機(写真出典:東武鉄道)。

 列車の編成は「SL+車掌車+客車3両+DL」です。SL(蒸気機関車)はJR北海道のC11形207号機が、車掌車はJR貨物の「ヨ8634」およびJR西日本の「ヨ8709」が、客車はJR四国の「スハフ14-1」「スハフ14-5」「オハフ15-1」「オハ14-1」「オロ12-5」「オロ12-10」が、DL(ディーゼル機関車)はJR東日本のDE10形1099号機がそれぞれ使用されます。

 蒸気機関車の借り受けと車掌車、客車の譲り受けは東武博物館が、ディーゼル機関車の譲り受けは東武鉄道が担当。また、下今市駅と鬼怒川温泉駅に設置される、車両の方向を変える転車台も、JR西日本から譲り受けています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント