山手線や京浜東北線など30駅、ホームドア設置を前倒し JR東日本

山手線や京浜東北線など30駅でホームドアの設置時期が前倒しされます。また、色彩心理を採り入れたホームへの「CPライン」の整備も進められます。

新小岩、千駄ケ谷、信濃町も設置前倒し

 JR東日本は2017年2月1日(水)、山手線や京浜東北線など計30におけるホームドアの設置時期を、これまでの「2020年度末まで」から「2019年度末まで」などへ前倒しすると発表しました。

 施工計画の見直しや工事着手時期の繰り上げなどを行い、各路線でホームドアの整備が前倒しされます。詳細は次のとおりです。

山手線や京浜東北線・根岸線など各路線のホームドア設置計画(画像出典:JR東日本)。

●山手線
・2019年度末まで(繰り上げ)
 新橋、浜松町、品川新駅(仮称)
・2020年6月まで(繰り上げ)
 東京
・2021年度以降(変更なし)
 渋谷、新宿

●京浜東北線
・2019年度末まで(繰り上げ)
 さいたま新都心、北浦和~赤羽、王子、西日暮里、日暮里、上野~神田、有楽町、新橋、品川新駅(仮称)、品川~蒲田、鶴見、東神奈川~桜木町
・2020年6月まで(繰り上げ)
 東京
・2021年度以降(変更なし)
 大宮、与野、東十条、上中里、田端、鶯谷、浜松町、田町、川崎、新子安

●総武快速線
・2018年度内(繰り上げ)
 新小岩

●中央・総武線各駅停車
・2020年6月まで(繰り上げ)
 千駄ケ谷、信濃町

 JR東日本は2010(平成22)年から山手線の駅にホームドアの設置を進めており、これまでに29駅中24駅で完了。残り5駅と、田町~品川間に設置される品川新駅(仮称)についても引き続き整備が進められます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント