横羽線と第三京浜をつなぐ首都高横浜北線、3月18日16時に開通

K1横羽線と第三京浜をつなぐ首都高K7横浜北線が、2017年3月18日16時に開通します。

開通区間の約7割はトンネル

 首都高速道路は2017年2月1日(水)、K7横浜北線の生麦JCT~横浜港北JCT間約8.2kmが3月18日(土)16時に開通すると発表しました。

170201 syutokok7 01
K1横羽線と第三京浜をつなぐ首都高K7横浜北線が2017年3月18日に開通する(画像出典:首都高速道路)。

 これにより、K1横羽線およびK5大黒線と、第三京浜のあいだに短絡ルートが誕生。首都高速道路によると、たとえば新横浜から羽田空港までの所要時間は現在の約40分から、10分短い約30分になります。さらに横浜市内の高速道路網が強化され、物流の効率化や災害時の信頼性向上、観光振興などのストック効果(継続的に中長期にわたり得られる効果)が期待されるといいます。

170201 syutokok7 02
生麦JCT~横浜港北JCT間にある横浜北トンネルは延長約5.9km。開通区間の約7割を占める(写真出典:首都高速道路)。

 開通区間には岸谷生麦出入口、馬場出入口、新横浜出入口が設けられますが、馬場出入口は2019年度の開通を目指し、引き続き工事が進められます。

 なお、横浜港北JCTと東名高速の横浜青葉ICを結ぶ延長約7.1kmの「横浜環状北西線」は、2021年度の完成に向けて現在も事業が進行中です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. まことに結構ながら、引き続き港北~横浜青葉間の工事を進めて欲しい。
    東名まで繋がって初めて効果が表れてくる。