「出張にLCC」は広まるか ジェットスター、国内LCC初ビジネス客向けオプションの狙いとは

ジェットスターが国内LCC初となるビジネス旅客向けオプションの提供を開始します。「レジャー向け」というLCCのイメージを打ち破る新たな戦略とは、どのようなものでしょうか。

ビジネス客をLCCの新たなターゲットに

 ジェットスター・ジャパンは2017年2月8日(水)、国内LCCとしては初になる、ビジネス利用者向けオプション「フレックスBiz」の提供を開始しました。

ビジネス利用者向けオプション「フレックスBiz」を発表するジェットスター・ジャパンの片岡 優会長(中)、田中正和事業・戦略本部長(2017年2月8日、中島洋平撮影)。

「フレックスBiz」は、ジェットスターの基本運賃であるエコノミークラス「Starter」に追加して購入できる運賃オプションで、国内線が2000円、国際線は3000円(いずれも税込)です。このオプションによって、予約便の日付、時刻、搭乗者名を手数料なしで変更できるほか、出発当日には予約前後の便への搭乗変更も無料で可能になります。また、予約のキャンセルに際しては、購入相当額がフライトバウチャー(チケット購入時に使える金券)で払い戻されます。

 また、通常7kgまでの機内持ち込み手荷物1点に加え、ノートパソコンが入ったブリーフケースなど、座席下に収まるサイズ(重量は無制限)の手荷物をさらに1点持ち込みめるようになります。加えて、「Starter」では追加料金が必要なスタンダード・シート(通常座席)、アップフロント・シート(前方座席)の座席指定も、無料でできます。

「ビジネスシーンを想定し、急な変更やキャンセルに対応する『柔軟性』が生まれることが『フレックスBiz』の特徴です。持ち込み手荷物の追加を可能にし、預け荷物をなくすことで、到着後にロビーで荷物を待つ必要なくスムーズに空港を出ることができます」(ジェットスター・ジャパン 田中正和事業・戦略本部長)

 ジェットスターでは、2014年6月から2015年5月までの利用者を調査したところ、ビジネスでの利用が全体の約20%、多い路線では30%を超えているといいます。ジェットスター・ジャパンの片岡 優会長は「予想以上の数値でした。これまでLCCのメインターゲットであったレジャー利用に加え、ビジネス利用を新たなターゲットにすることで、利用客の総数を上げられると考えています」と話します。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 欧州圏内では普通にLCCで出張してるけどね。

  2. そんな定価の交通費に見合わない出張ならする必要がない。
    海外出張もしかり。
    仕事(ビジネス)で行くのだからビジネスクラスで行かせる。
    エコノミー(ツーリストクラス)はその名の通り旅行用だ。
    うちの会社は常識としてそうしてる。

    • それは羨ましい。
      うちは海外出張に無理矢理空組某社のエコノミを使わされてる。一番安いから。
      JAL/ANAのステータスが使えなくて大迷惑。

      一応名の知れたメーカなんだけどね。

  3. 某ブラック企業なんて社員にLCCで出張させて
    請負元に、正規運賃で請求してます。
    で、差額は社員に還元しないんだよ。