新潟の特急形「485系R編成」3月引退 羽越で、信越でラストラン JR東日本

ラストランは「羽越の旅」と「信越の旅」

 今回発売される旅行商品は、「ありがとう485系羽越の旅」と「ありがとう485系信越の旅」の2種類。「羽越の旅」は、かつて特急「いなほ」として走った区間のうち、新潟~酒田間を1往復します。運転日は3月18日(土)です。代金は新潟駅発着で普通車1万5600円、グリーン車1万8800円。2人以上利用の場合、1人あたり普通車1万3600円(子供8300円)、グリーン車1万6800円(1万1500円)です。

「信越の旅」は、かつて特急「北越」や快速として走った区間のうち、新潟~直江津間を1往復します。運転日は3月19日(日)です。代金は新潟駅発着で普通車1万4200円、グリーン車1万7400円。2人以上利用の場合、1人あたり普通車1万2400円(子供7700円)、グリーン車1万5600円(1万900円)です。

 使用車両はいずれの「旅」も485系R編成6両です。代金には往復のJR運賃や特急料金、弁当などのほか、乗車記念グッズとしてオリジナルステッカーやフェイスタオルも含まれます。新潟支社管内の「びゅうプラザ」および「びゅう予約センター新潟」で2月16日(木)14時から発売される予定です。

 JR東日本新潟支社は「ぜひ485系R編成と一緒に最後の旅をお楽しみください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント