新潟の特急形「485系R編成」3月引退 羽越で、信越でラストラン JR東日本

おもに新潟エリアで特急列車などに使用されていたJR東日本の485系電車R編成が、2017年3月に引退。これにあわせ、ラストランの旅行商品が発売されます。

最後の定期運用である快速は3月3日まで

 JR東日本新潟支社は2017年2月13日(月)、485系電車R編成の引退に際し、ラストランの旅行商品を発売すると発表しました。

170213 jre485r 01
現在、糸魚川~新潟間の快速で使用されているタイプの485系電車R編成(2010年9月、恵 知仁撮影)。

 485系電車は国鉄時代に造られた特急形車両で、直流、交流50Hz、交流60Hzの3電源に対応。1960年代から1400両以上が製造され、全国各地でおもに特急列車として使用されました。

 新潟支社に所属している車両はリニューアルにより淡い青とエメラルドグリーンの外装などに変更。「R」で始まる記号で管理されていることから、通称「485系R編成」と呼ばれています。特急「北越」「いなほ」などとして使われていましたが、2015年3月の北陸新幹線金沢開業以降は特急から引退。現在は「R26」と「R28」の6両編成2編成が残っており、列車としては糸魚川~新潟間の快速列車1往復のみが走っています。しかし、この快速列車も3月4日(土)のダイヤ改正で姿を消す予定です。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント