バレンタインチョコを配るスカイマークの「変化」 業績好調の背景にあるものとは

2月14日のバレンタインデーに、スカイマークが搭乗客全員にプチギフトを手渡すイベントを行いました。同社初となる試みは、「新生スカイマーク」にとってのイメージ変革の一環です。その改革の効果は、確かに実ってきているようです。

「イベント増やす」思いを込めた「はっぴ」もお披露目

 バレンタインデーを迎えた2017年2月14日(火)、スカイマークは全国の空港にて、この日発着する全便の全搭乗客へチョコレートなどのプチギフトを手渡しました。空港スタッフやキャビンアテンダントはもちろん、事務系職員やパイロットまで、さまざまな職員が搭乗口でギフトを手渡しながら搭乗客を見送りました。

170214 skymarkvt 01
ギフトを配布したスカイマーク職員。同社初となる「はっぴ」もお披露目された(2017年2月14日、中島洋平撮影)。

 バレンタインデーに搭乗客へギフトをプレゼントするのは、スカイマークでは初めてのことです。「お客様への日ごろの感謝を込めて実施しました。これまで当社ではこうしたイベントが少なかったのですが、今後はお客様サービス向上の一環として、積極的にイベントを増やしていくつもりです」と、スカイマーク広報課は話します。その言葉を裏付けるように、今後イベントで着用するために制作された、同社初となる「はっぴ」もお披露目されました。

 スカイマークは2015年1月に民事再生手続の開始を申し立て、同年9月に新体制が発足しました。2016年11月には、制服をオレンジ色のポロシャツから、紺色をベースにしたジャケットに変更するなど、企業イメージの変革に努めており、今回のイベントもその一環です。こうしたイベントを通して「お客様の満足度を高めることは、新生スカイマークにとって課題のひとつ」(スカイマーク)だといいます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント