「ドクターイエローの軌跡」やJR東海懐かしポスター展示開催 リニア・鉄道館

「リニア・鉄道館」が2017年3月から企画展「ドクターイエローの軌跡」やJR東海30周年記念展示を開催します。

「ドクターイエロー」車内バーチャル見学も

 JR東海は2017年2月15日(水)、名古屋市港区の「リニア鉄道館」で、企画展「ドクターイエローの軌跡 The History of Dr.Yellow」や同社30周年記念展示などを開催すると発表しました。

「ドクターイエロー」企画展の期間は3月15日(水)から9月25日(月)まで。線路を270km/hで走りながら、信号やレールの状況などを検査する黄色い車体が特徴の新幹線電気軌道総合試験車、通称「ドクターイエロー」について、東海道新幹線開業時からの歴史や、計測技術の進化などが映像やパネルで紹介されます。現在使用されているT4編成の車内バーチャル見学も楽しめるといいます。

歴代の試験車やドクターイエロー(画像出典:JR東海)。

 JR東海が今年4月1日(土)に会社発足30周年を迎えることを記念する展示も開催。「そうだ 京都、行こう。」をはじめとした過去のCMやポスターなどで振り返ります。期間は3月19日(日)から9月25日(月)までです。

 また、高校生以下を対象とした年間パスポート「JR東海30周年記念 リニア・鉄道館こどもパスポート」を3月15日(水)から発売。値段は小中高生用が1000円(通常だと1日500円)、幼児(3歳以上未就学児)用が400円(同200円)です。4月1日(土)から2018年3月31日(土)までの期間は何度でも入館が可能。同伴者の入館料割引や、館内ショップでの割引などの特典も付きます。

 このほかにも「ドクターイエロー」のガイドツアーやJR30周年記念コンサート、「のぞみ」デビュー25周年300系しおりプレゼントなども行われる予定です。

 JR東海は「普段よりちょっぴり特別感満載な春のリニア・鉄道館へ、ご家族やご友人でお誘いあわせの上、ぜひともご来館ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント