「東京メトロPASMO1日乗車券」4月から発売 終電まで1日乗り放題

東京メトロが2017年4月1日から、「記名PASMO」に対し「東京メトロPASMO1日乗車券」を発売します。

値段は従来の「24時間券」と同額

 東京メトロは2017年2月23日(木)、ICカード「PASMO」で同社線全線が1日乗り放題になる企画乗車券「東京メトロPASMO1日乗車券」を、4月1日(土)から発売すると発表しました。

 PASMO加盟事業者として初めて、「PASMO」搭載の1日乗車券が発売されます。従来の磁気券とは異なり、東京メトロのから直通運転先の他社駅まで乗車して下車する際、駅の精算機や窓口で精算する必要がなく、自動改札機に「PASMO」をタッチするだけで、自動でチャージ残高から精算できるメリットがあります。

「記名PASMO」に対して発行される「東京メトロPASMO1日乗車券」の券面イメージ(画像:東京メトロ)。

 値段は大人600円、子供300円です。「記名PASMO」を対象に発売されます。ただし定期券などとして利用中のものやクレジットカード一体型のもの、「PASMO」以外のICカードは対象外です。東京メトロの定期券うりばや各駅にあるピンク色の券売機で購入できます。

 有効期間は発売日から1か月以内の自分が指定した日の始発列車から最終列車までです。なお、現在発売されている磁気券の「東京メトロ24時間券」は、値段は同じですが、使用開始から24時間有効のきっぷであり、「東京メトロPASMO1日乗車券」と有効期間が異なるため注意が必要です。

【了】

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント