東京メトロ副都心線、土休日50本の運転区間延長 有楽町線もダイヤ改正

2017年3月25日、東京メトロの有楽町線と副都心線のダイヤが改正されます。「S-TRAIN」がデビューするとともに、副都心線では日中の時間帯を中心に新宿三丁目~和光市間で列車本数が増やされます。

有料座席指定列車「S-TRAIN」デビュー

 東京メトロは2017年2月9日(木)、有楽町線と副都心線のダイヤ改正を3月25日(土)に実施すると発表しました。

 西武線直通の有料座席指定列車「S-TRAIN」が運行を開始します。平日は豊洲~所沢間で計7本、土休日は元町・中華街~所沢、飯能、西武秩父間で計5本の運転です。

 有楽町線内は飯田橋と有楽町に停車しますが、両とも豊洲行きは降車専用、所沢行きは乗車専用。副都心線内は池袋、新宿三丁目、渋谷に停車しますが、このうち池袋は両方向とも降車専用です。

おもに東京メトロの副都心線や有楽町線で使用されている10000系電車(写真出典:東京メトロ)。

 このほか副都心線では列車の運転区間が延長されます。

 平日は、10~16時台の東急東横線内発新宿三丁目行きが、池袋または和光市行きに変更されます。これにより、新宿三丁目~池袋間で24本、新宿三丁目~和光市間で2本、運行本数が増えます。

 土休日も、8~18時台の東急東横線内発新宿三丁目行きが、池袋または和光市行きに変更されます。これにより、新宿三丁目~池袋間で48本、新宿三丁目~和光市間で2本、運行本数が増えます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. それより東横線急行全10両化を想定して副都心線も10両編成の電車も増やすべきでは?