銀座線浅草駅のホームドア、6月使用開始 東京メトロ

東京メトロ銀座線の浅草駅にホームドアが設置されます。使用開始は6月24日(土)の予定です。

ほかの銀座線駅でも設置進む

 東京メトロは2017年2月28日(火)、銀座線の浅草駅(東京都台東区)で、ホームドアを6月24日(土)から使用すると発表しました。

 浅草と渋谷を結ぶ銀座線では、全19駅でホームドアの導入が計画されています(上野駅渋谷方面行きホームは2016年3月に導入済み)。大規模改良工事が行われている渋谷駅、新橋駅渋谷方面行きホームはいずれも2022年度設置予定ですが、ほかの駅は2018年9月末までに順次設置される予定です。

170228 metroasakusa 01
銀座線・浅草駅のホームドア設置イメージ(画像:東京メトロ)。

 銀座線の浅草駅に設置されるホームドアは「透明型ハーフハイトタイプ」で、3月25日(土)から順次設置が始まります。このほか2017年度は、田原町~神田の6駅(上野は浅草方面行きホーム)が6~11月、青山一丁目と外苑前が12月、赤坂見附が2018年2月にそれぞれ使用開始の予定です。

 東京メトロは全駅へのホームドア設置を進めています。浅草駅での使用が始まると、ホームドア稼働駅は179駅中86駅(48%)に。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年夏には稼働駅が133駅(74%)になる見通しです。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント