新名神開通で消えた「10円高速」 原付も高速道路本線を走れたワケ

京都府に、原付が10円で走れる高速道路がありましたが、最近になって原付走行不可に変更されました。新名神高速の開通に向けた措置だといいますが、そもそもなぜ走ることができ、そしてだめになったのでしょうか。

そもそも原付がなぜ高速道路を走れたのか

 一般的に高速道路は、排気量125cc以下の二輪車、つまり原付および原付2種(以下、原付と記す)は走行することができません。しかし、京都、奈良、和歌山を結ぶ予定の京奈和道のうち、ある1区間は2017年2月まで、50cc以下の原付も本線を走ることができました。

 その区間は、2017年3月現在、京奈和道の起点となっている城陽IC(京都府城陽市)と田辺北IC(同・京田辺市)のあいだ1.6kmで、原付は10円で本線を走行することができました。

170302 10enkosoku 01
京奈和道の城陽IC~田辺北IC間は木津川を渡る区間(国土地理院の空中写真を一部編集)。

 2017年2月11日(土)に行われた城陽IC出入口の移設に先立ち、2月4日(土)から原付の本線走行が不可になりましたが、なぜそのようなことが行われていたのでしょうか。NEXCO西日本関西支社 新名神京都事務所に聞きました。

――城陽IC~田辺北IC間は、なぜ原付も走れたのでしょうか。

 一般的に高速道路は「自動車専用道路」であり、原付の走行は認められていません。しかし木津川に架かる「新木津川橋」を含むこの区間は、付近にほかの橋がないことから自動車専用道路の指定をせずに、原付の走行も可能にしていました。橋の横に張り出した側道に歩行者(無料)、自転車(原付と同じく通行料10円)の通行帯もあり、すべての車両および歩行者が橋を利用できるようになっています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. つまり「高速道路ではない区間だから原付が本線を走れた」と。タイトルが紛らわしい。この人ときどきやってるけど、またか。

  2. そんな所があったんですね。
    日本でそこだけというのがちょっとおかしな話。
    不便な所はほかにもあったんじゃないの?(^ ^)

  3. では、高速道路本線じゃないじゃん。
    高速道路未開通区間の暫定利用じゃんか。