三菱自動車、それでも黒字見込みのワケ 凋落は底をついたのか? カギは新車に

【画像】新型車「エクリプス クロス」の個性的な後姿

Large 170306 mitsubishi 04
三菱自動車は「エクリプス クロス」の特長のひとつとして「行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン」を挙げる(画像:三菱自動車)。

この画像の記事を読む

この記事の写真一覧

Writer: 鈴木ケンイチ(モータージャーナリスト)

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車専門誌やウェブ媒体にて新車レポートやエンジニア・インタビューなどを広く執筆。中国をはじめ、アジア各地のモーターショー取材を数多くこなしている。1966年生まれ。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント

3件のコメント

  1. 燃費を話題にもしない北米・中国マーケットで好評だということか。
    今後はフルサイズSUVに経営を集中しそうだ。軽ユーザーからの信用を回復させる道筋は見えてこない。

  2. 実際、部品供給量は、今年に入って倍増してますからね。

  3. おっと、「底をついた」は意味が違いますよ
    「底をついた」は、在庫が無くなる・尽きる、という意味です
    この場合は「凋落に歯止めがかかる」もしくは「業績が底を打つ」でしょうね