スマートIC、宮城県内の仙台東部道路と常磐道で相次ぎ開通

2017年3月に仙台東部道路で、4月に常磐道でスマートICが開通します。

名取中央スマートICは3月18日開通

 宮城県で、スマートICが2か所、相次いで完成します。

 2017年3月18日(土)15時、仙台東部道路の仙台空港IC~名取IC間に、名取中央スマートICが開通します。仙台空港ICから2.3km、名取ICから4.4kmの場所に位置する名取中央スマートICは、名取市の中心部に位置し、名取市道飯野坂杉ヶ袋線に接続。「なとりりんくうタウン」や大型商業施設「イオンモール名取」などへのアクセスが向上します。

170307 miyagisic 01
仙台東部道路・名取中央スマートICの位置(画像出典:NEXCO東日本)。

 名取中央スマートICまでの通行料金(普通車)は、常磐道の三郷から7120円、仙台東部道路の仙台東ICから410円、東北道の盛岡ICから5240円です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スマートICより先に常磐道や東部道路などの4車線化をした方が良い。
    常磐道の利用台数は増えているから。