「自動改札付きブックオフ」なぜ誕生? 駅前すぎ!?

ブックオフの店舗が駅前にあるのは珍しくありませんが、なかには「駅前」どころか、「改札直結ブックオフ」という、とても変わった店舗も存在します。「改札抜けたらブックオフ」はなぜ誕生したのでしょうか。

入店すると「駅から出た」ことに

 中古の書籍などを扱っている「ブックオフ」。全国に800店以上が存在し、駅の近くにある場合も特に珍しくないですが、JR大阪環状線の鶴橋駅(大阪市天王寺区)にある店舗は「駅前」どころではありません。なんと「改札口直結」。改札を抜けたらブックオフ、です。

170317 bookoff 01
JR鶴橋駅にある改札口直結のブックオフ(画像:ブックレット)。

 その名もズバリの「ブックオフ ジェイアール鶴橋駅店」は、なぜ誕生したのでしょうか。店長さんに聞いてみました。

――入口に駅改札口があるということは、店のなかを経由して駅の外と中を移動できるのでしょうか?

 はい。店舗の出入口は、駅の中へつながった自動改札機があるもののほか、駅の外につながるものもあります。ただ、たとえば中央改札から駅の構内に入場して、当店に設置された改札口から店内に入ると、駅から出場したことになり、きっぷはそこで回収されてしまいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント