「自動改札付きブックオフ」なぜ誕生? 駅前すぎ!?

改札口はいつから?

――なぜこのような「改札直結ブックオフ」が誕生したのでしょうか?

 JR鶴橋駅2階の当店がある部分はもともと、小さな店舗が軒を連ねた「鶴橋駅デパート」という商店街のようなものでした。当店は、デパートだった部分全体を使って入居している形です。

――自動改札機は自前で設置したのでしょうか?

「鶴橋駅デパート」の時代から設置されているものです。

――「ブックオフ口(ぐち)」といった出口の名前があるのでしょうか?

 改札口としての正式な名称はありません。

――この構造、お客さんの反応はどうでしょうか? 集客アップにつながっていますか?

 初めて来た方にはよくびっくりされます。改札機がついている店舗自体珍しいと思いますが、「しかもブックオフで」と(笑)。当店の改札から店内に入って来られる方は、定期券を持っているなど、駅のことをよくご存じの方が多いですが、やはり珍しいのか、中央改札などから駅構内に入り、わざわざ当店の改札から駅の外へ出る方もいます。

※ ※ ※

 なお、ブックオフ店内に券売機はなく、改札口付近に乗り越し精算機もありません。きっぷの運賃やICカードの残高が不足している場合は、改札口からの入店はできないのでご注意を。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

この記事の写真一覧

最新記事

コメント