観光列車「ろくもん」、ワイン列車「日本代表」なるか? その内容とは 軽井沢の課題も

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に2017年4月、「信州プレミアムワインプラン」が新登場。「日本を代表するワイン列車になれば」というその内容を体験してきました。また、登場の背景には「軽井沢の課題」もあるそうです。

背景に「軽井沢の課題」も

 しなの鉄道(長野県上田市)が2017年4月より、観光列車「ろくもん」の新しい旅「信州プレミアムワインプラン」を始めます。同鉄道が「信州ワインバレー」のひとつである「千曲川ワインバレー」へ沿うように走っていることから、このプランを通じ沿線地域を活性化するとともに、長野県が推進する「信州ワインバレー構想」の役に立てればと考えているそうです。

170318 rokumon 01
しなの鉄道の観光列車「ろくもん」の「信州プレミアムワインプラン」で提供される料理とワイン(2017年3月、恵 知仁撮影)。

 また新プラン登場の背景には、「軽井沢の課題」もあるといいます。しなの鉄道線の起点、軽井沢は高い知名度を持つリゾート地、観光地ですが、しなの鉄道の玉木 淳社長によると軽井沢は「夕方以降の楽しみ方」が少なく、「日帰り客が多い」という課題があるとのこと。

 そこで観光列車「ろくもん」に、軽井沢駅を夕方に出発する「信州プレミアムワインプラン」を設定。地元名産のワインを車中で楽しみながら、しなの鉄道沿線の温泉へ移動し宿泊、翌日はワイナリー巡りなどを楽しむといった「夕方以降の新しい楽しみ方」を提供する、というわけです。

170318 rokumon 02
2014年7月に登場した、しなの鉄道の観光列車「ろくもん」。デザイナーはクルーズトレイン「ななつ星in九州」などで知られる水戸岡鋭治さん(2017年3月、恵 知仁撮影)。

 しなの鉄道の担当者は、この「信州プレミアムワインプラン」には質の高い、入手が困難なワインをそろえたといい、エッセイストで「信州ワインバレー構想推進協議会」の玉村豊男会長は、「『ろくもん』が日本を代表するワイン列車になれば」と話します。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. グラスに注がれるワインの量,少なくないですか?

    お願いすればおかわりももらえるんでしょうが,
    忙しそうだな〜→ま,いいか。
    で,結局一杯ずつで終わりにしてしまいそう。