「都電風都営バス」登場 車内は「都電の香り」再現 60年以上走った7000形引退を記念

【写真】都電風都営バス、後ろ姿も都電風

Large 170323 toden 04
都電7000形電車のラッピングが施された「さよなら都電7000形記念バス」の後部(2017年3月23日、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. エンジンサイドルーバーに緑のラインが
    残念!

  2. ちんちん鳴らすのは「電鈴」ではなく「信鈴」といいます。都電の車掌が、乗客の乗降終了や次の停留所を止まるか通過するかを運転士に合図するのが目的なので、ワンマンでは必要ないはずなんですがね?